2013年10月22日

 第14回 【生命】

第14回 話す・聴く・気づきのワークショップ 

【生命 (健康・病・自分を診る)】 

= = = = = = = = = = = = = = = = = = 
 と き : 2013年11月30日(土) 13時〜18時
       ※午前中に 特別プログラム あり(ヨガの時間)

 と こ ろ : つくば市栗原 雑草屋 自宅リビングにて
     
 参 加 費 : 3000円 (休憩時の軽食を含みます)
= = = = = = = = = = = = = = = = = = 


自分の体について、私は、あなたは、どこまで知っているのでしょうか? 現代生活を送る上で、「健康」というキーワードは、非常に重要な意味を持って語られています。毎日のテレビやインターネットからの情報に限らず、体の不調や病気など、生きている限り、切っても切れないとても大切なことがらです。しかしながら、その自分の体、命の実態について、私達は何を知っているのかと問われると、いったいどれほどの人が自信を持ってそれに答えられるでしょうか。

あなたは、自分の身体を、自分の健康を、お医者さん任せ、健康診断任せ、薬任せになっていませんか? 私達はいつからか、自分の身体を自分のものとして診ることを忘れ、まるで自動車を車検にあずけるかのように、お金を払ってお医者さんにみせ、直してもらい、また悪くなれば修理に出す、ような治療しかできなくなってしまいました。しかし、本来「身体」とは、自分自身のものです。そして我々は、過去を振り返れば、自分の身体を自分で診ることをそれなりにできていたはずなのです。自分の身体を自分で診るような生き方、お医者さんに任せきらずに上手に付き合う生き方は、きっと今よりも「健康」に近づいているような気がしています。

健康とはいったいどういう状態なのか。病とはいったいどんな状況をさしているのか。そして、心と体の関係はいったいどういうものなのか。そのような問いに明確な答えが出せることはないのかもしれません。しかし本当は、私達自身が耳を澄ませば、もしくは傾ける耳を持とうとすれば、自分の体の在りようについて今よりももう少しだけ気づくことができるのではないでしょうか。それは決して、健康グッズやサプリメント、流行の最先端治療に心を奪われることではなく、もっと静かな、落ち着いた、体をじっくりと見つめなおしていくような、そのような行為の中にあるような気がしています。

第14回のワークショップでは、自然療法をたしなむ医師の友人と、ヨガ教師の友人をゲストに招いて、私達のすぐ身近にある生命、自分の体について、想いを拡げてみたいと思っています。 

また、特別企画として、ワークショップ前の午前中の時間を利用し、体験的なヨガプログラム(希望者のみ)も開催します。体の内側に耳を傾けて心を整えて、「生命」をテーマに過ごす時間もあわせてお楽しみください。

= = = = = = = = = = = = = = = = = = 


 と き :11月30日(土) 13時〜18時 (ヨガの時間 11時〜12時15分)

 と こ ろ:つくば市栗原 雑草屋 自宅リビングにて
      ※詳細はお申込み後にご案内差し上げます。
      ※お車でお越しの方は駐車場がございます。
       公共交通機関でお越しの方は最寄のバス停から徒歩10分に位置しております。
       詳細のアクセスはお申し込みいただいてからご案内さしあげます。

 参 加 費 :3000円 (当日、会場にてお支払いください)
       :ヨガプログラム (追加1200円)

 人  数 :3人以上開催(最大10人)

 進 行 役 :小松学 (雑草屋、つくし農園管理人)

 ゲ ス ト :柏木文さん  (ヨガ教師:クリパルヨガ教室「nico nico」
       :中安浩介さん (医師:つくば市)
 
 連  絡 :途中の休憩時に、簡単な飲食をご用意いたします。アレルギーなど
       のある方は、お申し込みの際に雑草屋までご連絡ください。

       ★ヨガプログラム参加者は、各自昼食をご持参ください。



 参  考 :今回のテーマに関する主宰者の想いを個人Blogに記載しています。
        1年前に書いた記事ですが、宜しければご参照ください。

= = = = = = = = = = = = = = = = = = 


ご参加希望される方は、11月27日(水)までに、以下にご記載の上お申し込みください。
ご連絡はこちらまでkomatsu@zassouya.com
  ↑↑ @を半角に直してご送信ください ↑↑ 

*** お申し込みフォーム ***
『第14回 話す・聴く・気づきのワークショップ』
お名前:
ご住所:
お電話番号:
参加理由:
その他ご質問など(アレルギーなど):
*****************


130127.jpg




posted by こまつまなぶ at 22:59| Comment(0) | 通常ワークショップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月06日

 出張ワークショップを承ります

 個別にご依頼をいただき、ご希望の場所でオーダーメイドの“ 話す・聴く・気づきのワークショップ ”を開催できる「出張ワークショップ」を設けております。場所や時間帯にとらわれず、いつもの仲間や新しい知人関係に関わらずに話す・聴く・気づきのワークショップを体験していただけます。

【 出張ワークショップ費用 】

 2〜3名:  3時間コース  10,000円 (追加1時間につき +2,000円)
 4〜7名:  4時間コース  15,000円 (追加1時間につき +2,500円)
 8〜12名: 4時間コース  18,000円 (追加1時間につき +3,000円)

 ※交通費・宿泊費等は別途実費請求となります。
 ※時間はご要望・ご相談に応じます。

 ※開催場所は、開催時間中に周囲の雑音や参加者以外の人の出入りがない場所であれば、自宅のリビング、会議室、公共施設などどこでも構いません。また、開催日時によっては雑草屋の自宅リビングも使用することが可能です(3時間コース2,000円、4時間コース3,000円、5時間コース4,000円を別途いただきます)。詳しくはご相談ください。

 ※開催場所の大きさは、参加人数分(進行役を含む)の座布団や椅子などを車座(もしくは四角)になって座れる空間があれば十分です。


 話す・聴く・気づきのワークショップで用いられている「時間の過ごし方」には、沈黙を嫌がらない、相槌なども気にしない、などの様々な決まりごとがあります。これらの決まりごとは、その「場」を共有する参加者が日常のコミュニケーションから少しだけ自由になって、普段の会話ではなかなか感じることができない、新しい一面を見つけあうためのちょっとした「仕掛け」なのです。

 雑草屋が定期的に開催している「話す・聴く・気づきのワークショップ」では開催ごとに初めて会う人たちや知人同士が混ざり合ったフレッシュな場でのコミュニケーションになりますが、そもそもこうした時間はフレッシュな関係性でのみ成立するのではなく、普段から交流のある友人知人たちの場でももちろん新鮮な効果をもたらします。

【 有効な活用の場の例 】
 ・サークル活動でのミーティングや交流会
 ・知人同士の座談会や意見交換会
 ・会社や組織の会議やミーティング

 これらの一環として、もしくはこれらの為の土壌づくりの場として大いに有効です。あるいは、人材育成やチームワーキングのワークショップとしてもご活用いただけます。

 サークル活動でのミーティングや、知人同士の座談会、会社や組織の会議などでも、普段当たり前のように行っている手法とは別の視点、別のルールで一定時間を共有することは、相互理解の深掘りや従来の関係性の見直しなど、新しい発見の多い有意義な時間になることが期待されます。ゆっくりとした進行が前提のワークショップの性格上、2時間程度の時間ではそれほど大きな気づきは生まれにくいかもしれません。少なくとも2名〜3名で3時間、4名〜8名で4時間、8名〜12名で5時間程度の時間をかけられることが望ましいでしょう。

 こうした「場」と「時間」を共有する出張ワークショップでは、関係性を見つめ直し、個々人が内面を静かに深く観察することを通して、ワークショップ後により友好的で創造的なメンバーに発展してゆくことを目的にしております。ですから出張ワークショップの場だけで具体的な何かの問題解決を目指すことや建設的な意見交換を目的として過ごすことは行いません。
 例えばこんな目的をもった時間としてお過ごしください。

【 ワークショップの目的の例 】

 ・コミュニケーションを深めるツールとして
 参加者どうしの従来の関係性を見つめなおしたり、個々人の内側に訪れる様々な気づきにじっくりと時間をかけて問い直していくことで、普段のコミュニケーションの場や関係がポジティブで友好性の高いものに繋がっていくことを目的とします。

 ・意見交流会やミーティングとして
 一つのキーワードをテーマに設定しての「意見交流会」として開催し、参加者たちの内側にある様々な想いをじっくりと場に投入していきながら、会として個々人の中でのテーマの発酵を促すことなどを目的とします。
 出張ワークショップでは、参加者の「個人性」の再発見やそれぞれの「関係性」の再発見などにフォーカスしていきます。あえていえば、「何もない」時間ですら目的となります。もちろん、質の高い「解決策」や活発な「議論」も散発的に生まれるかもしれませんが、それはあくまでもオマケと考えてください。
 この時間を共有したことで生まれるポジティブな何かを、日常での「会議」や「ミーティング」などの中に活かしていただけることを期待しております。

= = お申し込みフォーム = = =
『出張ワークショップ申し込み』
 お名前:
 ご住所:
 お電話番号:
 申し込み理由:
 予定参加人数:
 希望開催時間:
 希望開催場所:
 その他質問など:
= = = = = = = = = =

 申し込みいただいた後に、ワークショップの内容についてご相談させていただきます。上記の事項に御記載いただき、小松: komatsu@zassouya.com (@を半角に直して送信)までご連絡ください。ご質問などもお気軽にお問い合わせください。

【 出張ワークショップ 開催事例 】

 ・つくし農園 意見交換会
 雑草屋が主催する「つくし農園(自然農の体験型貸し農園)」のとある集合日のプログラムの中で、午後の「意見交換会」をワークショップ形式で3時間行いました。「沈黙」を恐れず、意見を交換しても交換しなくてもよい時間。参加された方々が言葉を発したい時に様々に意見し合う場となりました。具体的な「自然農」」の手法に関することや「なぜ自然農をえらんでいるのか?」など根本的な問いかけなど、四方山に会話が広がりながらも互いにご自身のスタンスや自分以外の参加者の意見にじっくりと耳を傾ける時間になりました。

 参加者のお一人からのご感想を紹介いたします。

 「意見をぶつけ合うような時間とは違い、自分のペースでゆっくりと考えながらも、皆さんが思い思いに発する言葉に耳を傾けることができて、有意義な時間でした。「沈黙」もとてもいい時間ですね。自然農のことだけでなく、自分の考え方や生活スタンスなども含めていろいろと見つめなおす機会になりました。」




posted by こまつまなぶ at 02:12| Comment(0) | 特別ワークショップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月05日

 第13回【記憶】

第13回 話す・聴く・気づきのワークショップ  

【 記憶(情報・思考・自己存在)】

= = = = = = = = = = = = = = = = = = 

 と き : 2013年11月2日(土) 12時半〜18時 

 と こ ろ : つくば市栗原 雑草屋 自宅リビングにて
     
 参 加 費 : 3000円 (休憩時の軽食を含みます)

= = = = = = = = = = = = = = = = = = 


 あなたの頭の中には、どんな記憶が彩られていますか?
 思い出としてのアルバムのような記憶ですか?
 情報がたっぷり詰まった知識としての記憶ですか?


 忘れっぽい人、記憶力のいい人。一を聞いて十を知る人、情報を集めるのが大好きな人。子供の頃の記憶をほとんど覚えていない人、鮮明に覚えている人。思い出を大事にする人、しない人。

 人間の記憶の仕方(あるいは記憶力)とは人それぞれであり、その人にとっての重要性、価値、利用方は、個性と強く結びついているように感じられます。ある人にとってはこの世は情報に満ち溢れていて、それを記憶しながら応用し、活用することで人生を過ごしています。またある人は、記憶をことさら重要視せず、日常と記憶をそれほど関連付けせずに飄々と、淡々と、生きていけるかもしれません。
 それぞれに皆、自分が扱いなれた「記憶の使い方」を自分なりに駆使しながら、時には苦労もしつつ、その人の人生を構築しています。その違いに価値の上下はありません。


 ここに一つの動画があります。今回のワークショップのテーマを「記憶」に決めてしばらくした頃に出会った、とても衝撃的な動画であり、脳卒中を体験した脳科学者、ジル・ボルト・テイラー博士の講演を記録したものです(TED「ジル・ボルト・テイラーのパワフルな洞察の発作」より)。詳細は動画に譲りますが、私はこの動画にこのタイミングで出会い、いっそう自分の「記憶」について深く考えさせられることになりました。果たして我々は、「記憶」や「情報」や「経験」を頼りに生きることで幸せに近づいているのだろうか、と。現代社会にあまりにも欠けてしまった「自然感覚」のようなものを人間は取り戻すべきだと思う自分にとって、非常に示唆に富む講演でもありました。


TED.jpg




 私たちの日常、生き方、精神とは切っても切れない「記憶」。ともすると、私たちの行動のほとんど全てがこの「記憶」に支配され、だからこそ行動の選択や決断が行われています。その一方で、もしかしたら「記憶」にとらわれすぎることなく、現在のライブ感覚だけに耳を済ませてみることも時には必要かもしれません。

 とはいえ人の脳には、知識も経験もすべては記憶として残され、そしてその方の個性を彩ります。現代社会では、「記憶」=その人そのものといってもいいかもしれません。あなたの「記憶」から紐解かれる、あなたそのものへの旅を一緒に過ごしてみませんか。


 話す・聴く・気づきのワークショップでの、普段のコミュニケーションの手法から離れた、ゆっくりとした、自分と向き合い、他人と通い合う時間。だからこそ、今回のテーマが、深く、広がりをもって染み渡っていけるような気がしています。果たしてどんな一日となるのでしょうか。皆様と過ごす時間を楽しみにしております。


= = = = = = = = = = = = = = = = = = 


 と き :2013年11月2日(土) 12時半〜18時 

 と こ ろ:つくば市栗原 雑草屋 自宅リビングにて
      ※詳細はお申込み後にご案内差し上げます。
      ※お車でお越しの方は駐車場がございます。
       公共交通機関でお越しの方は最寄のバス停から徒歩10分に位置しております。
       詳細のアクセスはお申し込みいただいてからご案内さしあげます。

 参 加 費 :3500円(当日、会場にてお支払いください)

 人  数 :3人以上開催(最大10人)

 進 行 役 :小松学 (雑草屋、つくし農園管理人)

 連   絡 :途中の休憩時に、簡単な飲食をご用意いたします。アレルギーなど
       のある方は、お申し込みの際に雑草屋までご連絡ください。


= = = = = = = = = = = = = = = = = = 


ご参加希望される方は、10月30日(水)までに、以下にご記載の上お申し込みください。
ご連絡はこちらまでkomatsu@zassouya.com
  ↑↑ @を半角に直してご送信ください ↑↑ 

*** お申し込みフォーム ***
『第13回 話す・聴く・気づきのワークショップ』
お名前:
ご住所:
お電話番号:
参加理由:
その他ご質問など(アレルギーなど):
*****************



posted by こまつまなぶ at 23:44| Comment(0) | 通常ワークショップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする