2012年05月26日

 「話す・聴く・気づきのワークショップ」とは

『話す・聴く・気づきのワークショップ』
(毎月開催)
※ご参加は各回、毎月ごとに承ります。


一つのテーマを題材に車座に囲み、講義でもなく、対話でもなく、議論でもなく、その時その空間を共有している人との関係性の中で起こる「自然反応」から生まれるコミュニケーション。毎月の、とある週末、数時間。話すことを強要されず、聞くことを強要されず、自ずからのタイミングで紡ぎだされた言葉が車座の中に放たれるとき、それはどんな音に聞こえるのか。

巷にあふれる、建設的な会話や問題解決を志向したコミュニケーション、目的や動機をもって話す言葉、返答を前提として話を聞くスタンス、会話のための会話、発言のための発言。そうした通常のルールから少し離れて、じっくりと話し、同席者の話に耳を傾ける。話が途切れた後のぽっかりと漂う沈黙。誰もうながす者はいないけれど、自分の中が満ちたときに自然と口からこぼれる言葉。

このワークショップは、ただ「知っていること」を話す場ではありません。ただ「知りたいこと」を聞く、学ぶ場でもありません。では何か?? 参加者一人一人の言葉や自分の中に現れる反応、それらを通して今まで気づかなかったことが心に生まれたり、見えていなかったことに気がついたり、そしてそのテーマと自分の今一番ふさわしい関係や距離を見つめ直すことができる、そんな機会が皆さんの中に訪れるような場にしていければと考えています。

毎月、自然や健康、コミュニケーションにかかわる様々な題材を入り口として、「自然農(農・自然)」、「生命(健康・病・自分を診る)」、「食(食育・食材)」、「身体(運動・脳・体の動かし方)」、「野生感覚(自然観察・動物能力)」、「環境(持続可能社会・暮らし・環境意識)」、「聴く・話す(対話・コミュニケーション)」、「仕事(生き方としての表現)」(順不同)などのテーマでの開催を予定しています。各テーマごとにゲストも招き、雑草屋だけでなくそのテーマに縁のある友人たちをお呼びしたいと考えています。

テーマのタイトルは少々固めかもしれませんが、皆さん誰でも一度は興味がひかれたことのある内容だと思います。ふとした時間の都合がつき、普段とは全く違うコミュニケーションを過ごしてみたい、そんな程度の好奇心で、遊びに来てください。毎月の、とある週末に、お待ちしています。




posted by こまつまなぶ at 21:42| Comment(0) | ご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: