2017年05月01日

第34回【病は心から】

= = = =  = = = = = = = = =
とき:2017年5月14日(日)10時〜16時半
   ※2部構成です
ところ:つくばスタイル館(つくば市葛城根崎160-2 )
参加費:500円
= = = =  = = = = = = = = =
P1130071yamai_kokoro.JPG


「病は気から」。
この言葉は、時に乱暴に、時にご都合主義に、
時に気休めのように聞こえます。

本当は身体が病にかかっているのに、
気持ち次第、本人の気の持ちようでどうにでもなる!
だからもっと頑張れ! と言われているかのように。

けれど、もっと具体的に

“生活の中で蓄積されるストレスへ目を向け、
 日常的にそのストレスに意識を払って生活していくことで、
 身体にあらわれるほとんどの不調が、解消されていく。”

と言われたら、どうでしょうか。

決して、気の持ちようなどではなく。
気分次第ということでもなく。

そして、肉体的あるいは物質的な不具合が病気の原因とは考えずに、
心の在りようによって、身体の変調が引き起こされるという考え方。
 
それはもしかしたら、
「病は心から」
と表現するのにふさわしいのかもしれません。


5月の話す・聴く・気づきのワークショップは、特別編。
好評開催中の「マインドボディヒーリング講座」との合同企画です。

マインドボディヒーリングとは、“心身治癒”の意。

身体の不調の原因は心にあるとして、
自分のストレスなどにフォーカスしていくワークを通じて
体質改善を進めていくプログラムです。

 ☆詳細は⇒「マインドボディヒーリングとは」

前半2時間、マインドボディヒーリングの講義を聴き、ランチタイムを挟み
後半4時間ほどを、通常の「話す・聴く」時間を過ごします。

自分の心の中へ目を向け、
身体と心の本来のつながりを認識した後に起こる
気づきの時間とは、どんなものでしょうか。

現在、身体に不調を抱えている人も、そうでない人も。
皆さんの健康に対する認識が、一変する一日になるかもしれません。

参加されたその時から、心と身体の関係が、変わりはじめます。

= = = = = = = = = = = = = = = = = = 

とき:2017年5月14日(日) 10時〜16時半 

ところ:つくばスタイル館(つくば市葛城根崎160-2 )

構成:
 第1部 10:00〜12:00 マインドボディヒーリング講座
 第2部 12:30〜16:30 話す・聴く・気づきのワークショップ 
 ★どちらか一部だけでもご参加可能です。
 マインドボディヒーリング講座を未経験の方は、通しでのご参加をお勧めします。

参加費:500円(どちらか一部でも同じです)

定員:3人以上開催(最大10人)

進行役:小松学(雑草屋、身体と心の研究所 所長)

持ち物:筆記用具、ノート類、昼食など(※パンランチを希望の方は別途申込み可)

◆その他◆
<マインドボディヒーリングについて>
 詳細はこちらのHPをご覧下さい。
 
<参考書籍>
 ◎「サーノ博士のヒーリング・バックペイン」
 ◎「心はなぜ腰痛を選ぶのか」
 ○「腰痛は心の叫びである」
 ○「人生を変える幸せの腰痛学校」

<主催者の声(Blog記事)>
 「失うものがないのだから
 「マインドボディヒーリング【花粉症編@】
 「楽しくなってきました♪

<マインドボディヒーリング講座開催中>
 第12回講座:5月8日10時〜 @オーガニックヘアサロン porch(守谷)

= = = = = = = = = = = = = = = = = = 

ご参加希望される方は、5月12日(金)までに、以下にご記載の上お申し込みください。
ご連絡はこちらまでkomatsu★zassouya.com
  ↑↑ ★を半角@マークに直して送信 ↑↑ 

*** お申し込みフォーム ***
『第34回 ワークショップ 「病は心から」』
お名前:
ご住所:
お電話番号:
参加理由:
その他ご質問など(アレルギーなど):
*****************
 


posted by こまつまなぶ at 22:45| Comment(0) | 特別ワークショップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月21日

自然体リトリート 〜身体と大地の自然体にシンクロする一日〜

心の奥深く、身体の隅々に、耳を澄ましていたい。
そんな思いから主催者・小松が立ち上げた
「身体と心の自然体研究所」とのコラボレーション企画。

ヨガに瞑想、自然食にアーシング、そしてエンカウンターまで
まるっと一日に詰め込んだ『自然体リトリート』、始めます。

= = = =  = = = = = = = = =
特別ワークショップ
 自然体リトリート 〜身体と大地の自然体にシンクロする一日〜

とき:2017年3月29日(水)10時〜18時
ところ:茨城県つくば市玉取 つくし農園にて
参加費:500円
= = = =  = = = = = = = = =

初回の第一弾は、こっそりと、ひっそりと、年度末の平日に、
プレ開催することが決まりました。

P1130065shizentai_retreat.JPG

─────────────────────────────
【ヨガワーク】10:00〜12:00
 呼吸、動き、意識を一体に。世界にひとつ、あなただけのヨガ
─────────────────────────────
身体の奥底をサーチライトで1ミリずつ照らしていくような、
深遠に迫るヨガ。
自分の身体の中にある生命力の源を辿り、じんわりと、くっきりと、
肉体とそれ以外の境界線が認識されていく。

─────────────────────────────
【感覚瞑想】12:00〜13:00
 ワイドアングルビジョン、キツネ歩きなどのワーク実践
─────────────────────────────
五感の全ての感覚を研ぎ澄ませて、風、太陽、大地、の声に
全身を傾けていく感覚瞑想。
視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚を360度全方向に開き、
自身を包む天地を感じ、やがてそのパノラマの中に自身が
少しずつ溶けて一つになっていく。

─────────────────────────────
【昼食】13:00〜13:30
 自然農栽培のおにぎりと自家製味噌
─────────────────────────────
余計なものが何一つない、天水田の自然農の田で育った白米。
限りなくシンプルに炊かれた米と、天然醗酵で醸された
自家製味噌の昼食。
全方向に感覚が開かれた身体を、完全食とも言える、
おにぎりと味噌で満たしていく。

IMG_6259shizentai_retreat.JPG

─────────────────────────────
【ファームアーシング】13:30〜15:00
 裸足で自然農
─────────────────────────────
耕さず、虫や草を敵とせず、自然の営みに沿って
食べ物の命を育んでいく自然農の畑に、裸足で降り立ち
手作業を行なうファームアーシング。
全身に巡らせた大地の恵みに、一番近い距離で、
草と土の中に自分のアンテナを最大限に解放していく。

─────────────────────────────
【話す・聴く時間】15:00〜18:00
 一日を振り返る、自身と大地に耳を傾ける時間
─────────────────────────────
互いの存在に最大限の敬意を払い、沈黙し、耳を傾け、
自身から沸き起こる言葉を紡いでいく、
ベーシック(非構成的)エンカウンターの時間。

一日を通して重ねてきたワークを経て、
心と身体と大地と生命が一つに融合したときに、
素の自分は何を語るのか。何に気付くのか。何が残るのか。

P1120500shizentai_retreat.JPG

※4月からも、 不定期に開催していく予定です。

====================
とき
2017年3月29日(水) 10:00〜18:00
(途中、30分の昼食の時間を挟みます)

ところ
つくば市玉取 つくし農園(自然農の畑)
(駐車場あり・最寄バス停から徒歩10分)
※詳細はお申込み後にご案内差し上げます。

日程
・ヨガワーク  10:00〜12:00
・感覚瞑想   12:00〜13:00
・昼食(握り飯)13:00〜13:30
・ファームアーシング  13:30〜15:00
・話す・聴く時間 15:00〜18:00

参加費
全日程500円(別途、昼食代200円)

スタッフ
ヨガ担当:的場 悠人
  ヨガティーチャー(RYT200/HOYベーシック)、
  ヨガや武術由来の身体操法を学ぶ「体和塾」主催。
全体総括:小松 学(自然体研究所所長)
  「身体と心の自然体研究所」所長、
  自然農関連事業「雑草屋」主催。

申込み
 Facebook利用者は、下記イベントページより参加ボタンをクリックしてください。
  https://www.facebook.com/events/943745555727991/
 またはkomatsu★zassouya.comまでメールください(★を半角@に変えて送信)。
====================



posted by こまつまなぶ at 13:13| Comment(0) | 特別ワークショップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月02日

ヨガと気づきのワークショップ・冬

【 ヨガ と 気づきのワークショップ ・ 冬 】(最終回)

〜 話す・聴く・体に耳を傾ける 〜


■ 12月20日(日) 冬のクラスの内容紹介

【再生に向けて準備する】
必要ないものを手放し、ありのままの自分を信頼する

20121211morning.jpg

10:30〜12:30 午前のプログラム (柏木)

 草木が葉を落とし、辺りに静けさがやってくる冬。
 誰もが新しい始まりをひっそりと待っている季節です。

 今回のヨガのクラスでは、ポーズの中で必要のない力を手放し、
 自分の内にある静けさにとどまる時間をもちます。

 自分が今、思うこと・感じることをそのまま受けとめ、信頼することで、
 新しい年に向けた軽やかな一歩を見つけていきましょう。

 130127.jpg

13:30〜15:30 午後のプログラム (小松)

緊張と高揚感。

私は日本の冬の訪れにそんな印象をいだくことがあります。

緊張は、寒さ、こわばり、忙しさ、あわただしさ、などのイメージから。
高揚感は、主に年末年始への気持ちの高まりからのイメージでしょうか。

冬は本来、その年の太陽エネルギーがもっとも低くなり、生命活動も
それに応じて穏やかに、静かに、全体的に落ち着いていきます。

その、「待ち」とも言える落ち着きの中で、身体も心も、
暖かさを自然に求めていくのかもしれません。


暖かな屋内や毛布などの、物理的な暖かさだけではなく、
冬の寒さの訪れを感じる身体の感覚に呼応するように、
心も、春を待ち望みながら、暖かさを求めているに違いありません。
年末年始のハレの行事とは、その心の求める暖かさの象徴なのでしょう。

本来の冬の持つ「静けさ」や「潜伏感」のような本質に対して、
世の中に現れる、「緊張」や「高揚感」。

ヨガを通して季節の身体の声に耳を傾けた後、
心は一体どんな声を語りかけてくるでしょうか。

年の瀬の慌ただしい中に、こんな時間を過ごし、新しい年を迎えてみる。
そのような一日に出来ればと考えています。

ヨガの経験がない方でも、初めての方でも、どんな方でも歓迎しております。

 121126pop.jpg



ランチを担当するのは “ 野菜たっぷりの料理と身体をつくるお菓子 ” を
コンセプトに活動されている、出張料理人・ふくだみどりさん。

自然農野菜や有機野菜を活かした、
ワークショップ特製のお弁当をご用意していただきます。

ヨガのプログラムを考慮したボリュームで、DSC_0452 (2).jpg
ふわりと身体に沁み渡ります。



とき
 2015年 12月20日(日)
 10:30〜15:30
 (途中、1時間の昼食の時間を挟みます)

ところ
 つくば市栗原 雑草屋 自宅リビングにて
 ※詳細はお申込み後にご案内差し上げます。
 ※お車でお越しの方は駐車場がございます。
  公共交通機関では最寄のバス停から徒歩10分です。fumi-K.jpg

日程
 午前のプログラム   10:30〜12:30
 昼食(特製ランチ)  12:30〜13:30
 午後のプログラム   13:30〜15:30

参加費
 全日程 3500円(別途昼食代+700円)
午前・午後のみの参加も可能(昼食なし2000円)

講師
 ヨガ指導:柏木 文
   (米国クリパルセンター公認ヨガ教師)
 進 行 役:小松 学雑草屋 主宰)komatsu-K.jpg

企画詳細
 ヨガと気づきのワークショップについて
 のページをご覧ください。

持ち物
 動きやすい服装、ヨガマット、飲み物

お申込方法
 どなたでもご参加いただけます。
 ご参加希望される方は12月13日(日)までに、
 以下にご記載の上お申し込みください。
 ご連絡はこちらまでkomatsu@zassouya.com
  ↑↑ @を半角に直してご送信ください ↑↑

*** お申し込みフォーム ***
『ヨガと気づきのワークショップ・冬』
お名前:
ご住所:
お電話番号:
参加コース:全日程・午前のみ・午後のみ
参加理由:
ヨガ経験の有無:
その他ご質問(アレルギー、持ち物など):
*****************

参考
 過去の「ヨガと気づきのワークショップ」に寄せられた感想をご紹介します。
 ワークショップ参加者のみなさんの声 (クリパルヨガ教室 niconicoより)


各クラスの最少催行人数:4名  定員:8名

キャンセル料の発生は以下の通りとなりますので、ご了承ください。
  ・申し込み締切日〜前日迄:50% ・開催日当日:100%



posted by こまつまなぶ at 17:02| Comment(0) | 特別ワークショップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月06日

ヨガと気づきのワークショップ・秋

【 ヨガ と 気づきのワークショップ ・ 秋 】(全4回)

〜 話す・聴く・体に耳を傾ける 〜


■ 10月3日(土) 秋のクラスの内容紹介

【実り】
自分の中に宿っている力とつながる

080923 001.jpg

10:30〜12:30 午前のプログラム (柏木)

 草木の実が色づく姿に、大地の豊かさを感じる季節です。
 実りとは、次の世代へと生命をつなぐものですが、
 自分のエッセンスをつめた贈り物のようなものともいえます。

 私たちの中にも、人生経験を重ねた時間と同じくらい、
 豊かな実りが内に宿っています。

 その実りが知恵にかたちを変えた時、私たちを成長させる力となります。

 今回のクラスでは、ヨガや呼吸法、自由な動きを通して
 自分の中に宿る知恵に出会い、その軽やかさや安定感を体験します。

 130127.jpg

13:30〜15:30 午後のプログラム (小松)

 秋、稲穂が頭を垂れ、野山には豊かな実りに彩られるこの季節。
 生命力に溢れる夏が過ぎ、ゆっくりと気候は、その成果を内外に宿し始めます。

 私たちは、「実り」という言葉から何をイメージするでしょうか。
 秋という季節を迎えて、身体の声は、心の声は、
 どんな変化を、どんな影響を受けているのでしょうか。

 061029 005.jpg

 自分にとっての実りとは何か。
 ヨガの時間を通して開かれる、身体と心の反応は
 どんな言葉を語りかけてくるでしょうか。

 午後は、普段のコミュニケーションのルールから離れ、ゆっくりと、
 他者に縛られることなく、話す・聴く時間を過ごして
 季節が呼び覚ます自分の心の声に、じっくりとフォーカスしていきます。



DSC_0452 (2).jpg ※昼食は手作りランチをご用意いたします。
  自然農野菜や有機野菜を活かした
  ワークショップ特製ランチとなります。



ときfumi-K.jpg
 2015年10月3日(土) 10:30〜15:30
 (途中、1時間の昼食の時間を挟みます)

ところ
 つくば市栗原 雑草屋 自宅リビングにて
 ※詳細はお申込み後にご案内差し上げます。
 ※お車でお越しの方は駐車場がございます。
  公共交通機関では最寄のバス停から徒歩10分に位置しております。

日程
 午前のプログラム   10:30〜12:30
 昼食(特製ランチ)  12:30〜13:30
 午後のプログラム   13:30〜15:30

参加費komatsu-K.jpg
 全日程 3500円(別途昼食代+700円)
午前・午後のみの参加も可能(昼食なし2000円)

講師
 ヨガ指導:柏木 文
   (米国クリパルセンター公認ヨガ教師)
 進 行 役:小松 学雑草屋 主宰)

企画詳細
 ヨガと気づきのワークショップについて
 のページをご覧ください。

持ち物
 動きやすい服装、ヨガマット、飲み物

お申込方法
 このワークショップは、どなたでもご参加いただけます。
 ご参加希望される方は9月26日(土)までに、
 以下にご記載の上お申し込みください。
 ご連絡はこちらまでkomatsu@zassouya.com
  ↑↑ @を半角に直してご送信ください ↑↑

*** お申し込みフォーム ***
『ヨガと気づきのワークショップ・秋』
お名前:
ご住所:
お電話番号:
参加コース:全日程・午前のみ・午後のみ
参加理由:
ヨガ経験の有無:
その他ご質問(アレルギー、持ち物など):
*****************

参考
 過去の「ヨガと気づきのワークショップ」に寄せられた感想をご紹介します。
 ワークショップ参加者のみなさんの声 (クリパルヨガ教室 niconicoより)


各クラスの最少催行人数:4名  定員:8名

キャンセル料の発生は以下の通りとなりますので、ご了承ください。
  ・申し込み締切日〜前日迄:50% ・開催日当日:100%



posted by こまつまなぶ at 16:43| Comment(0) | 特別ワークショップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月21日

ヨガと気づきのワークショップ・夏

【 ヨガ と 気づきのワークショップ ・ 夏 】(全4回)

〜 話す・聴く・体に耳を傾ける 〜


■ 7月18日(土) 夏のクラスの内容紹介

【 葉を広げ、花を咲かせる 】
体や心が必要とすることに応えて、自分を開き、表現しよう

P7071373.JPG

夏、太陽がまぶしい季節です。
強い日差しを浴びた草木は、葉を茂らせ、色とりどりの花を咲かせます。
生命が本来もっている可能性を十分に表現するためにも、
太陽はなくてはならない存在です。

10:30〜12:30 午前のプログラム (柏木)130127.jpg

 このクラスでは、ウォームアップを交えながら
 徐々にエネルギッシュなヨガのポーズを体験します。

 体の中に高まったエネルギーを感じるとともに、
 そのエネルギーが自然と向かおうとしている方向を
 信頼して、委ねる体験もしてみます。

 自分の内にある生命が、どんな葉を広げ、
 どんな花を咲かせたがっているのか、
 体の声を聴く時間を一緒にシェアしましょう。

13:30〜15:30 午後のプログラム (小松)IMG_20140930_142428.jpg

 夏、植物が葉を広げ花を咲かせるのは、
 秋の実りを豊かにするため。
 それは目的などではなく、命の定めと言えます。

 人間は目的を持って生きるべき、と思いがちですが
 目先の目的にとらわれすぎず、自身を十全に実らせるために
 内なる声に、芳醇な生命エネルギーに、耳を傾けてみませんか。

 夏の、溢れるような生命の力を感じながら、
 自分の心が満たされたときに口から溢れる言葉を味わってみましょう。

 他人の話す言葉を、相槌や返答などをする必要なく、
 好きなように自分の内側へ沁みるように耳で受け止めてみましょう。

 午後は、普段の会話やコミュニケーションのルールから離れ、
 ゆっくりと、他者に縛られることなく、話す・聴く時間を過ごして
 季節が呼び覚ます自分の心の声に、じっくりとフォーカスしていきます。


DSC_0452 (2).jpg ※昼食は手作りランチをご用意いたします。
  自然農野菜や有機野菜を活かした
  ワークショップ特製ランチとなります。



ときfumi-K.jpg
 2015年7月18日(土) 10:30〜15:30
 (途中、1時間の昼食の時間を挟みます)

ところ
 つくば市栗原 雑草屋 自宅リビングにて
      ※詳細はお申込み後にご案内差し上げます。
      ※お車でお越しの方は駐車場がございます。
       公共交通機関では最寄のバス停から徒歩10分に位置しております。

日程
 午前のプログラム   10:30〜12:30
 昼食(特製ランチ)  12:30〜13:30
 午後のプログラム   13:30〜15:30

参加費komatsu-K.jpg
 全日程 3500円(別途昼食代+700円)
午前・午後のみの参加も可能(昼食なし2000円)

講師
 ヨガ指導:柏木 文
   (米国クリパルセンター公認ヨガ教師)
 進 行 役:小松 学雑草屋 主宰)

企画詳細
 ヨガと気づきのワークショップについて
 のページをご覧ください。

持ち物
 動きやすい服装、ヨガマット、飲み物

お申込方法
 このワークショップは、どなたでもご参加いただけます。
 ご参加希望される方は7月11日(土)までに、
 以下にご記載の上お申し込みください。
 ご連絡はこちらまでkomatsu@zassouya.com
  ↑↑ @を半角に直してご送信ください ↑↑

*** お申し込みフォーム ***
『ヨガと気づきのワークショップ・夏』
お名前:
ご住所:
お電話番号:
参加コース:全日程・午前のみ・午後のみ
参加理由:
ヨガ経験の有無:
その他ご質問(アレルギー、持ち物など):
*****************

参考
 過去の「ヨガと気づきのワークショップ」に寄せられた感想をご紹介します。
 ワークショップ参加者のみなさんの声 (クリパルヨガ教室 niconicoより)


各クラスの最少催行人数:4名  定員:8名

キャンセル料の発生は以下の通りとなりますので、ご了承ください。
  ・申し込み締切日〜前日迄:50% ・開催日当日:100%



posted by こまつまなぶ at 16:03| Comment(0) | 特別ワークショップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月20日

ヨガと気づきのワークショップ・春

【 ヨガ と 気づきのワークショップ ・ 春 】(全4回)

〜 話す・聴く・体に耳を傾ける 〜


 私たちの体や心は、四季折々の変化に、自然と身を委ねています。
 季節の巡りにあわせて、心と体は、常に変化しているのです。

 ヨガを通して、自分自身の身体へと、意識をめぐらせる。
 じっくりと話す・聴く時間を通して、自分の心へ意識をめぐらせる。

 自分の身体の声に耳を傾ける時間と、自分の心のあり方に耳を傾ける時間。
 大切な気づきを与えてくれるこの二つの時間を、
季節の巡りにフォーカスしながら一日ゆっくりと過ごしてみませんか。



■ テーマ

年間テーマ
巡る季節のエネルギーを感じながら、自分を一歩先へ進めてみよう


SPRING 春
【 殻を破って、芽を出す 】
体や心のこわばりを緩めて、自分が向かいたい方向を探る

SUMMER 夏
【 葉を広げ、花を咲かせる 】
体や心が必要とすることに応えて、自分を開き、表現する

FALL 秋
【 実り 】
自分の中に宿っている力とつながる

WINTER 冬
【 再生に向けて準備する 】
必要ないものを手放し、ありのままの自分を信頼する


130127.jpg

■ 春のクラスの内容紹介

 【 殻を破って、芽を出す 】
体や心のこわばりを緩めて、自分が向かいたい方向を探ろう


 春は芽吹きの季節です。
 種が芽を出し、根をはやすためには、豊かな安定した大地が必要です。
 また、雪や氷を溶かす暖かさが、芽吹きに必要な水分を与えてくれます。

 このクラスでは、ヨガのポーズや呼吸法だけでなく、
 自由な動きを使って、自分の体の安定感を感じるとともに、
 体を温めながら、こわばりや緊張を緩めていきます。
 体や心の緩んだところを感じながら、
 草木が太陽に向かって芽吹くように、自分が向かいたい方向を探っていきましょう。

10:00〜13:00 午前のプログラム
 このプログラムには、ペアワークやシェアリング(自分の体験を話す)、
 ジャーナリング(自分の体験をノートに記す)の時間も含まれます。
 2時間のヨガのワークの後、1時間の「話す・聴く」の時間を過ごします。

13:00〜14:00 ランチ
 ヨガのプログラムを考慮して、昼食は軽めのランチをご用意いたします。
 自然農野菜や有機野菜を活かしたワークショップ特製ランチとなります。
DSC_0452 (2).jpg
 ・野菜とレンズ豆のスープ
 ・雑穀と里芋のベジバーグ
 ・金柑、夏みかんの寒天ゼリー

 これに軽めの主食がつきます。


14:00〜17:00 午後のプログラム
 午前中のテーマを踏まえて、さらに奥深く、1時間のヨガクラスを行った後、
 2時間の「話す・聴く」の時間を過ごします。


「話す・聴く」時間について

普段の会話やコミュニケーションのルールから離れ、
じっくりとゆっくりと過ごす時間です。

自分の心が満たされたときに口から溢れる言葉を味わってみましょう。
他人の話す言葉を、相槌や返答などをする必要なく、
好きなように自分の内側へ沁みるように耳で受け止めてみましょう。

午前中のヨガを通して意識された自分の身体は
どんな様子を話しているでしょうか。
季節のテーマに耳を傾け、ヨガの時間を過ごした先に、
どんな言葉が湧き上がってくるでしょうか。

心地よい体の状態を見つめた後で、ゆっくりと、
心地よいコミュニケーションのあり方を見つめていく、
そんな時間にしていければと思っています。 (小松)



= = = = = = = = = = = = = = = = = =

ときfumi-K.jpg
 2015年3月21日(土) 10:00〜17:00
 (途中、1時間の昼食の時間を挟みます)

ところ
 豊里ゆかりの森(茨城県つくば市遠東676)

日程
 午前のプログラム   10:00〜13:00
 昼食(特製ランチつき) 13:00〜14:00
 午後のプログラム   14:00〜17:00

参加費komatsu-K.jpg
 全日程  5500円(別途昼食代+700円)
午前のみ 3000円(昼食なし)
午後のみ 3000円(昼食なし)

講師
 ヨガ指導:柏木 文(米国クリパルセンター公認ヨガ教師)
 進 行 役:小松 学(雑草屋 主宰)

持ち物
 動きやすい服装、ヨガマット(またはバスタオル)、飲み物

お申込方法
 このワークショップは、どなたでもご参加いただけます。
 ご参加希望される方は3月15日(日)までに、以下にご記載の上お申し込みください。
 ご連絡はこちらまでkomatsu@zassouya.com
  ↑↑ @を半角に直してご送信ください ↑↑

*** お申し込みフォーム ***
『ヨガと気づきのワークショップ・春』
お名前:
ご住所:
お電話番号:
参加コース:全日程・午前のみ・午後のみ
参加理由:
ヨガ経験の有無:
その他ご質問(アレルギーなど):
*****************

参考
 過去の「ヨガと気づきのワークショップ」に寄せられた感想をご紹介します。
 ワークショップ参加者のみなさんの声 (クリパルヨガ教室 niconicoより)


各クラスの最少催行人数:4名  定員:10名

キャンセル料の発生は以下の通りとなりますので、ご了承ください。
  ・開催日14日前〜前日迄:25% ・開催日当日:100%



posted by こまつまなぶ at 22:16| Comment(0) | 特別ワークショップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月17日

第25回【 自然環境 】

第25回 話す・聴く・気づきのワークショップ 

特別編【 自然環境 】 

= = = = = = = = = = = = = = = = = =
 と き  :2月21日(土)

 と こ ろ :豊里ゆかりの森 (茨城県つくば市遠東676)

 構成 :第1部  9:30〜12:30 講演会 (講師:伊沢正名氏)
     昼休み 12:30〜13:30 (野菜たっぷりランチ付き)
     第2部 13:30〜16:30 話す・聴くワークショップ (ゲスト:伊沢正名氏)

= = = = = = = = = = = = = = = = = =

自然は、コントロールできない。
資源エネルギーは、無限ではない。
地球は、人間の存在よりもはるかに大きい次元で存在している────

私たちは東日本大震災とそれに伴う原発事故を経て、
そういった事実を痛感したはずでした。

この地球で、人類がどうにかして生活していくには、
その有限性を理解し、ある程度の利便性で納得し、
その中で満足していくしかない、と。


震災からまもなく4年が経ちます。

みなさんの生活は、考えは、震災直後と比べてどうなっていますか?

衣食住の消費の輪は再びぐるぐると回り始め、
自然と人間とのつながりを意識する機会は薄れてきたのではないでしょうか。

化学肥料と農薬、除草剤、長距離輸送に支えられた食料生産に頼る、
大量消費と大量廃棄を続けるのが豊かな社会なのでしょうか。

自然環境を疎かにし大地から足を離して、動物植物を食べずに生きる。
そんなことはできないのです。

一度手にした利便性を手放すことは難しいと言われます。

果たしてガソリンに頼り過ぎない社会、電気に頼り過ぎない社会へと、
少しずつ離陸することは可能なのでしょうか。

今一度、立ち止まって考えてみませんか。

ws-image-110316.jpg


2月の話す・聴く・気づきのワークショップは、「自然環境」をテーマに開催します。

ゲストにお招きする伊沢正名氏は、30年以上もキノコ、変形菌、カビなどを撮り続け、
近年では人間の糞を土に還す活動をする糞土師(ふんどし)として活躍されています。

この日本で「野糞歴41年、大地に還した ウンコが一万三千回を数える」という革命的な猛者。「野糞は地球を救う」。高らかにこう宣言して、人類へ警鐘をならす方です。

自然のサイクルのなかで、キノコなどの菌類は、
死んだ生き物や排泄物を分解して腐らせ、土に還してゆく役割を担っています。

キノコとウンコを通じて伊沢氏が見出した自然界の摂理。
自然から奪うばかりの人間が、唯一できるお返し・・・。


午前中は、『 自然に「愛」のお返しを 』を合言葉に展開する
伊沢氏のユニークな講義を聴き、自然豊かな会場での野外講習も行います。

昼食を挟んで午後は「自然環境」をテーマに、じっくりと、「話す・聴く」時間を過ごします。
「自然環境」と人間の関わり方を、文字通り体を張って証明してこられた伊沢さんをゲストに、
皆さんそれぞれに感じられた、自分と「自然環境」の関わり方へ思いを広げていきたいと思います。

= = = = = = = = = = = = = = = = = = 

 と き  :2月21日(土)

 と こ ろ:豊里ゆかりの森 (茨城県つくば市遠東676) ※詳細地図はこちら

      ※お車でお越しの方は駐車場がございます。
      ※公共交通機関では、研究学園駅より「つくバス」にて
       [S]作岡シャトルで「ゆかりの森」下車、徒歩10分程度。
       時刻表はこちらのページをご確認ください。
       詳細のアクセスはお申し込みいただいてからご案内さしあげます。

 構 成 :第1部 (管理棟にて)9:30〜11:45 講演会(伊沢氏によるスライド講演)
               11:45〜12:30 野外講習
     昼休み (和室にて)12:30〜13:30 (野菜たっぷりランチ付き)
     第2部 (和室にて)13:30〜16:30 話す・聴くワークショップ (ゲスト:伊沢氏)

 参 加 費:全日程   3500円(別途昼食代+800円)
      第1部のみ 2000円(昼食希望の場合+800円)※
      第2部のみ 2000円(昼食希望の場合+800円)

    ※第1部は、お子様(小学生以上)の参加も可能です。
     お子様の参加費 1000円(昼食希望の場合+800円)

 人 数 :第1部 最大30人まで
      第2部 最大10人まで

 進 行 役 :小松学 (雑草屋、つくし農園管理人)

 ゲ ス ト :伊沢正名 氏 (写真家・糞土師)

 備 考 :昼食に、自然農野菜や有機野菜たっぷりのランチをご用意します。
   アレルギーなどのある方は、申し込みの際に雑草屋までご連絡ください。

= = = = = = = = = = = = = = = = = = 

ご参加希望される方は、2月20日(金)までに、以下にご記載の上お申し込みください。
ご連絡はこちらまでkomatsu@zassouya.com
  ↑↑ @を半角に直してご送信ください ↑↑ 

*** お申し込みフォーム ***
『第25回 話す・聴く・気づきのワークショップ』
お名前:
ご住所:
お電話番号:
参加コース: 全日程・第1部のみ・第2部のみ
 全日程でない場合、昼食希望の有無:
参加理由:
その他ご質問など(アレルギーなど):
*****************



最後に、震災直後の進行役自身の体験を、個人blogより一部引用して
このワークショップの案内を終えたいと思います。

* * * * * * *

・・・我が家の上水は井戸水、電気ポンプで汲み上げている。通電すれば、断水地域よりも優先して水が使えるはずであったが、地震で配管が折れ、16日現在生活配水が使えずに友人知人に頼っている。便意に関しては幸い、庭先、裏庭に余裕があるため、大小に関わらず大地に排泄している。言葉を選べば、自然へ循環させている。南米旅行以来のサバイバルだが、節度を持って穴を掘り、枯葉やチップ屑を被せて、尻を拭いた紙のみゴミ箱に持ち帰っている。まさかの事態ではあったが、蚊のいない季節でよかったと思う程度でそれほど抵抗感はなかった。意地を張って言ってみれば、正体不明の開放感と充足感がみなぎってきた。便利ではないし、解決策ではないのだが、何かが損なわれるわけではなく、考えてみれば、現に飼いヤギの粟子は常に大便小便を大地に垂れ流しているのだ。・・・
震災の先』 (Blog「毎日が自然農」より)

* * * * * * *



なお、この企画は、つくばで持続可能な社会を考えるプロジェクト「つくサス」の
2/21(土)糞土師 伊沢正名氏 講演会&ワークショップとの連動企画です。
150221TKSS_ban.jpg




posted by こまつまなぶ at 09:18| Comment(0) | 特別ワークショップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月06日

 出張ワークショップを承ります

 個別にご依頼をいただき、ご希望の場所でオーダーメイドの“ 話す・聴く・気づきのワークショップ ”を開催できる「出張ワークショップ」を設けております。場所や時間帯にとらわれず、いつもの仲間や新しい知人関係に関わらずに話す・聴く・気づきのワークショップを体験していただけます。

【 出張ワークショップ費用 】

 2〜3名:  3時間コース  10,000円 (追加1時間につき +2,000円)
 4〜7名:  4時間コース  15,000円 (追加1時間につき +2,500円)
 8〜12名: 4時間コース  18,000円 (追加1時間につき +3,000円)

 ※交通費・宿泊費等は別途実費請求となります。
 ※時間はご要望・ご相談に応じます。

 ※開催場所は、開催時間中に周囲の雑音や参加者以外の人の出入りがない場所であれば、自宅のリビング、会議室、公共施設などどこでも構いません。また、開催日時によっては雑草屋の自宅リビングも使用することが可能です(3時間コース2,000円、4時間コース3,000円、5時間コース4,000円を別途いただきます)。詳しくはご相談ください。

 ※開催場所の大きさは、参加人数分(進行役を含む)の座布団や椅子などを車座(もしくは四角)になって座れる空間があれば十分です。


 話す・聴く・気づきのワークショップで用いられている「時間の過ごし方」には、沈黙を嫌がらない、相槌なども気にしない、などの様々な決まりごとがあります。これらの決まりごとは、その「場」を共有する参加者が日常のコミュニケーションから少しだけ自由になって、普段の会話ではなかなか感じることができない、新しい一面を見つけあうためのちょっとした「仕掛け」なのです。

 雑草屋が定期的に開催している「話す・聴く・気づきのワークショップ」では開催ごとに初めて会う人たちや知人同士が混ざり合ったフレッシュな場でのコミュニケーションになりますが、そもそもこうした時間はフレッシュな関係性でのみ成立するのではなく、普段から交流のある友人知人たちの場でももちろん新鮮な効果をもたらします。

【 有効な活用の場の例 】
 ・サークル活動でのミーティングや交流会
 ・知人同士の座談会や意見交換会
 ・会社や組織の会議やミーティング

 これらの一環として、もしくはこれらの為の土壌づくりの場として大いに有効です。あるいは、人材育成やチームワーキングのワークショップとしてもご活用いただけます。

 サークル活動でのミーティングや、知人同士の座談会、会社や組織の会議などでも、普段当たり前のように行っている手法とは別の視点、別のルールで一定時間を共有することは、相互理解の深掘りや従来の関係性の見直しなど、新しい発見の多い有意義な時間になることが期待されます。ゆっくりとした進行が前提のワークショップの性格上、2時間程度の時間ではそれほど大きな気づきは生まれにくいかもしれません。少なくとも2名〜3名で3時間、4名〜8名で4時間、8名〜12名で5時間程度の時間をかけられることが望ましいでしょう。

 こうした「場」と「時間」を共有する出張ワークショップでは、関係性を見つめ直し、個々人が内面を静かに深く観察することを通して、ワークショップ後により友好的で創造的なメンバーに発展してゆくことを目的にしております。ですから出張ワークショップの場だけで具体的な何かの問題解決を目指すことや建設的な意見交換を目的として過ごすことは行いません。
 例えばこんな目的をもった時間としてお過ごしください。

【 ワークショップの目的の例 】

 ・コミュニケーションを深めるツールとして
 参加者どうしの従来の関係性を見つめなおしたり、個々人の内側に訪れる様々な気づきにじっくりと時間をかけて問い直していくことで、普段のコミュニケーションの場や関係がポジティブで友好性の高いものに繋がっていくことを目的とします。

 ・意見交流会やミーティングとして
 一つのキーワードをテーマに設定しての「意見交流会」として開催し、参加者たちの内側にある様々な想いをじっくりと場に投入していきながら、会として個々人の中でのテーマの発酵を促すことなどを目的とします。
 出張ワークショップでは、参加者の「個人性」の再発見やそれぞれの「関係性」の再発見などにフォーカスしていきます。あえていえば、「何もない」時間ですら目的となります。もちろん、質の高い「解決策」や活発な「議論」も散発的に生まれるかもしれませんが、それはあくまでもオマケと考えてください。
 この時間を共有したことで生まれるポジティブな何かを、日常での「会議」や「ミーティング」などの中に活かしていただけることを期待しております。

= = お申し込みフォーム = = =
『出張ワークショップ申し込み』
 お名前:
 ご住所:
 お電話番号:
 申し込み理由:
 予定参加人数:
 希望開催時間:
 希望開催場所:
 その他質問など:
= = = = = = = = = =

 申し込みいただいた後に、ワークショップの内容についてご相談させていただきます。上記の事項に御記載いただき、小松: komatsu@zassouya.com (@を半角に直して送信)までご連絡ください。ご質問などもお気軽にお問い合わせください。

【 出張ワークショップ 開催事例 】

 ・つくし農園 意見交換会
 雑草屋が主催する「つくし農園(自然農の体験型貸し農園)」のとある集合日のプログラムの中で、午後の「意見交換会」をワークショップ形式で3時間行いました。「沈黙」を恐れず、意見を交換しても交換しなくてもよい時間。参加された方々が言葉を発したい時に様々に意見し合う場となりました。具体的な「自然農」」の手法に関することや「なぜ自然農をえらんでいるのか?」など根本的な問いかけなど、四方山に会話が広がりながらも互いにご自身のスタンスや自分以外の参加者の意見にじっくりと耳を傾ける時間になりました。

 参加者のお一人からのご感想を紹介いたします。

 「意見をぶつけ合うような時間とは違い、自分のペースでゆっくりと考えながらも、皆さんが思い思いに発する言葉に耳を傾けることができて、有意義な時間でした。「沈黙」もとてもいい時間ですね。自然農のことだけでなく、自分の考え方や生活スタンスなども含めていろいろと見つめなおす機会になりました。」




posted by こまつまなぶ at 02:12| Comment(0) | 特別ワークショップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月21日

 【ヨガと気づきのワークショップ】


【ヨガ と 気づきのワークショップ】 

〜 話す・聴く・体に耳を傾ける 〜
テーマ 『 自分 』



「ヨガと気づきのワークショップ」では、
今回より、テーマを設けてワークショップを深めていきます。

今回のテーマは「自分」


自分の顔はどんな顔ですか。
自分の声はどんな声ですか。

自分の体はどんな体ですか。
自分の呼吸はどんな呼吸ですか。

そして今、自分が考えていること、感じていることはどんなことですか。

普段私たちは、自分の肉体や感情を自分のものとして
当然のようにぴったりと寄り添って生活を送っています。
それらは誰か別の人のものではなく、
もちろん、自分自身のものであることは言うまでもありません。

鏡に映した顔や体は、自分で観察することは難しいことではありません。
また、歩き方や声などの動作が伴う行為も、
録音や撮影などの手間をかけることで観察することが可能となります。

ところで、今この瞬間に自分の体に起こっている体内感覚を
普段から意識することはあるでしょうか。
もしくは、今この瞬間に自分の心に起こっている感情や思考を、
つとめて客観的に観察することを、普段から意識することはあるでしょうか。

「ヨガと気づきのワークショップ」では、
ヨガを通して体の内側に起こる様々な気づきや感覚などに意識を向け、
そして、その後の時間で、心の中に訪れる様々な感情や思考に
じっくりと、ゆっくりと意識を向けていきます。

「ヨガ」の時間で、普段よりもゆっくりと自分の体に向き合うことで
生まれるいろいろな感覚を観察するように、
普段しているコミュニケーションのルール(相槌、返答、話題提供など)から
少し離れた「話す・聴く」時間の中で、
自分の心に訪れる感覚はどのようなものになるでしょうか。


今回のワークショップから、テーマを設けることにいたしました。
今回のテーマは、ずばり「自分」です。
ヨガであれ、話す聴く時間であれ、
ワークショップで生まれる全ての感覚、感情は、自分の内側で起こっています。
決して、他の誰かに起こったことではなく、あくまでも、自分に訪れる出来事です。
それは特別なことではないかもしれません。
今までの自分の表れかもしれません。
その日に初めて意識される新しい自分かもしれません。

大げさに言ってしまえば、
ヨガは「気づき」のためのスイッチのようなものであり、
後半の「話す・聴く」時間のための、自分という泉に投げ込まれる小石のようなものです。
自分の体に耳を傾け、そして自分の心に耳を傾ける。
参加者それぞれに訪れる様々な「気づき」は一体どんなものでしょうか。
他人の「気づき」を聴いて、そしてまた新しい自分の「気づき」へ。
その日に偶然集まった人たちと過ごした
数時間の後に残るものはいったいどんなものでしょうか。


皆さんと同じ時間を共有できることを今から楽しみにしています。

小松 学(雑草屋 主宰)




「自信がほしい」「自由がほしい」
そんな思いをもつ人は多いのではないでしょうか。

この「自信」や「自由」という言葉には、
自分の「自」という文字が含まれています。

そこから考えてみると、
私たちが本当に求めているのは、
自分という存在のあり方を見つけることなのかもしれません。

私がヨガに惹かれるのは、
過去や未来でもない、今、この瞬間に存在する、
一人の人間としての自分を実感できるから。

自分の中にある命の息づかいや、内面の広がりを感じると、
たいていのことは許せるから不思議です。

「ヨガと気づき」を道連れに、
行き先を決めずに出かける旅のようなワークショップですが、
あなたの内に潜んでいる力が、きっと必要な場所へ連れて行ってくれるはず!

Let's Enjoy!

柏木 文(ヨガ教室nico nico 主宰)


日程
 2013年5月26日(日) 12:30〜16:30
 (途中、30分程の休憩を挟みます)

会場 
 つくばカピオ和室(茨城県つくば市竹園1-10-1)

講師
 ヨガ指導 :柏木 文 (ヨガ教室nico nico 主宰)
 進 行 役 :小松 学 (雑草屋 主宰)

参加費
 4,000円(お菓子付)

持ち物
 動きやすい服装、ヨガマット(またはバスタオル)、飲み物

お申込方法
 このワークショップは、どなたでもご参加いただけます。
 お申込をご希望の方は、ヨガ教室niconicoの柏木宛に、
 以下の事項を添えてメールにてお送りください。
 fumik2525☆gmail.com ☆を@マークに変更してください。

 お名前:
 ご住所:
 お電話番号:
 参加理由:
 ヨガ経験の有無:
 その他ご質問:
 

 ※4/26〜5/1の間にいただいたメールへの返信は、5/2以降となります。
  恐れ入りますが、予めご了承ください。 

 各クラスの最少催行人数:4名、定員:6名

 キャンセル料の発生は以下の通りとなりますので、ご了承ください。
  ・開催日14日前〜前日迄:25% ・開催日当日:100%


過去のワークショップの参加者から声はこちらから
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://kripalu2525.blog98.fc2.com/blog-entry-28.html

posted by こまつまなぶ at 15:07| Comment(0) | 特別ワークショップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月07日

 特別編 【ヨガのワークショップ】


【 ヨガ と 気づきのワークショップ 】 

〜 話す・聴く・体に耳を傾ける 〜
 

     ヨガを通して、自分自身の身体へと、意識をめぐらせる。
     じっくりと話す・聴く時間を通して、自分の心へ意識をめぐらせる。

     自分の身体の声に耳を傾ける時間と、自分のあり方に耳を傾ける時間。
     大切な気づきを与えてくれるこの二つの時間を、一日ゆっくりと過ごして
     みませんか。

= = = = = = = = = = = = = = = = = = 

 と き:11月17日(土)10時〜16時 (途中にランチの時間を含みます)
 定員に満たなかったため、開催中止となりました。またの機会をお待ちしております。

 と こ ろ:つくばスタイル館(つくばエクスプレス 研究学園駅 徒歩5分)
      ※アクセスの詳細はお申込み後にご案内いたします。

 参 加 費 :6000円
      ※ランチに自然食レストランのベジタリアンお弁当をご用意します。

 人 数 :5人以上開催(定員10人)
 
 ヨガ指導 :柏木文 ( クリパルヨガ教室「nico nico」 

 進 行 役 :小松学 ( 雑草屋 主宰)

  fumi.jpg   zassouya.JPG

= = = = = = = = = = = = = = = = = = 
 
 ■プログラム■
 10:00〜10:20 挨拶・自己紹介
 10:20〜10:50 ヨガの時間@
 10:50〜12:10 話す・聴く時間@

 12:10〜13:00 昼食

 13:00〜13:20 呼吸と瞑想のワーク
 13:20〜14:00 ヨガの時間A
 14:00〜16:00 話す・聴く時間A

= = = = = = = = = = = = = = = = = = 


◆ヨガの時間

自分の身体をゆっくりと丁寧にほぐしていく時間です。もしも、自分の身体に対して、硬さや柔らかさ、強さや弱さなどの特定のイメージを持っているとしたら、今回はそのイメージを脇に置いて、まっさらな気持ちで自分の身体を見つめてみましょう。身体に意識を向けると、心も自分の内面へと向かっていきます。身体と心のつながりを感じるなかで、自分自身との対話がはじまるかもしれません。自分の内側にある世界に目を向ける時間になればと思います。(柏木)

 
◆話す・聴く時間

普段の会話やコミュニケーションのルールから離れ、じっくりとゆっくりと過ごす時間です。自分の心が満たされたときに口から溢れる言葉を味わってみてください。他人の話す言葉を、相槌や返答などをする必要なく、好きなように自分の内側へ沁みるように耳で受け止めてみてください。ヨガを通して意識された自分の身体はどんな様子を話しているでしょうか。ヨガの時間を過ごした後には、どんな言葉が湧き上がってくるでしょうか。心地よい体の状態を見つめた後で、ゆっくりと、心地よいコミュニケーションのあり方を見つめていく、そんな時間にしていければと思っています。 (小松)

= = = = = = = = = = = = = = = = = = 


ご参加希望される方は、11月10日(土)までに、以下にご記載の上お申し込みください。
ご連絡はこちらまでzassouya@gmail.com
  ↑↑ @を半角に直してご送信ください ↑↑ 

定員に満たなかったため、開催中止となりました。またの機会をお待ちしております。

*** お申し込みフォーム ***
『ヨガと気づきのワークショップ』
お名前:
ご住所:
お電話番号:
参加理由:
ヨガ経験の有無:
その他ご質問(アレルギーなど):
*****************

= = = = = = = = = = = = = = = = = = 


【注意事項】
※ヨガのプログラムを考慮して、昼食は軽めのランチをご用意いたします。
  途中の間食は構いませんので、軽食などはご自由にお持ち下さい。
※キャンセル料の発生は以下の通りとなりますので、ご了承ください。
  ・開催日3日前〜前日迄:25% ・開催日当日:100%




posted by こまつまなぶ at 01:19| Comment(0) | 特別ワークショップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする